2015年10月18日

結婚式よりも

 色々持病があって、ここ最近食欲が落ちてきた15.6歳のワンちゃんが1日おきくらいに通ってました。そして受付での会話。


60歳代くらいの男性飼い主さん
(以下、飼い主さん)「今日ね〜結婚式なんですよー。」


私「あ、そうなんですか?(お知り合いのかな?)」


飼い主さん「泣いちゃうかも。」


私「泣いちゃうんですか?」


飼い主さん「うん、娘の結婚式だから。」


私「お嬢さんの!?」



院長「こんなとこいる場合じゃない。」



 こんなとこ。。。




飼い主さん「だぁって〜このコのこと心配なんだもん。可愛いしぃ〜。」


私「まぁ確かに。大きくなったお嬢さんよりは・・・。」(←失礼)


飼い主さん「そう!僕のこと好きって言ってくれるのこのコだけなの!」





 こちらの飼い主さんは、うちの父と年齢そう変わらないので・・・どこの家も一緒だな〜と思いました。





飼い主さん「お姉さんもさ、もう27.8歳でしょ?そろそろお嫁に行かないとね〜。」



私「はっはっはっはー。行くあてがあればすぐにでも行きますよ!!」




 年齢に関してはスルー。





 自分の娘の結婚式なんて、とても大事な日なのに、それよりも犬の診察を優先してきたこの飼い主さんに驚きました。結婚式に行きたくない気持ちと、犬が心配な気持ちと色々入り混じってたんでしょうね。なんだか心がほっこりしました。



↓応援ボタンです↓

人気blogランキング
posted by Lucita at 21:58| 埼玉 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | ちょっとビックリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする