2012年02月08日

偶然と偶然が重なる時

 13歳(母犬)と9歳(女の子)のダックス親子を飼ってるE家と、9歳のダックス(男の子)を飼ってるK家が待合室で一緒になりました。アルファベットは苗字です。念のため。


 E家で連れて来ていたのは母犬のほうです。



 同じダックスちゃんを飼ってる同士なので、自然目が行きますよね。



 じーーーーーーーっと、EさんがKさんのうちのコを見たあと、



Eさん「あのコ、娘(犬のこと)と顔がそっくりなんだけど・・・。」



と仰いました。




私「あれ・・・?そういえばexclamation&questionもしかしたら親戚かもしれません。」




- - - - -(カルテ確認) - - - - -





私「あexclamation○○さん(訓練士)さんの紹介でしたっけ?」


 


 私は両方のお家が訓練士さんの紹介でいらっしゃったことを思い出したのです。E家の娘わんことK家の男の子の誕生日が一致。



私「ああexclamationこのコたち、親子ですよexclamation×2




 KさんもEさんの名前は覚えていたらしく、『もしかして・・・?』と思われていたそうです。



「すごいexclamation約10年ぶりの再会exclamation×2




 2匹はお互いの顔のにおいを嗅ぎあってました。(←もちろん、性格が悪いコ同士だったら止めますが)



 母わんこと息子わんこは、感覚的には初対面に近いはずなのにな〜と勝手に思ってましたが、もしかすると何か覚えていたのかもしれません。それは本人(本犬)同士にしかわからないこと。


 



 みんな、年齢が年齢なので、色々持病はあるものの、E家もK家もわんちゃんたちも、とても嬉しそうでした。



 飼い主さんも感動して、おばあちゃん(Kさん一家はいつもおばあちゃん、お母さん、娘さん+ダックスの男の子でいらっしゃる)は泣いてました。




「こんなこともあるんだね〜。こんなこともあるんだね〜。なんか嬉しいね〜。」



と連呼しながら。私もうるうるしてしまいました。




 わんちゃんの10年は人間の10年に換算したら40年以上に匹敵するのではないでしょうか?そう考えたら、本当に感動の再会ですよね。


 偶然同じ日に偶然同じ場所に行って奇跡の再会を果たした親子犬。ステキなめぐり合いの瞬間に立ち会えて私も嬉しかったです。みんな長生きできるといいねexclamation





 2012年最初の記事が2月って・・・たらーっ(汗)。久々にログインしようとしたらログイン画面が変わってて一瞬インするところ分かりませんでした。。。


 マイペース過ぎる更新速度ですが、今年も宜しくお願い致します。




 最後までお読みくださりありがとうございます。応援クリックお願い致しまするんるん
日記@BlogRankingかわいい人気blogランキング



【動物病院居候犬ハッチの日々】もよろしくね。(by ハッチ)
posted by Lucita at 22:20| 埼玉 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | ある愛の詩(うた) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする