2011年11月13日

一緒にいたいだけ

 美容院にて。毎週水曜日が私の休みなので、美容院で縮毛矯正&カットをしてもらいました美容院


「貴重なお休みなのに、すみません。」


と、言われましたが、最低でも3時間拘束されるのだから、休みの日しか美容院行けませんわーい(嬉しい顔)たらーっ(汗)




 職業を聞かれて、


「動物の看護師です。」


と、答えたら、いつも通り、犬犬や猫猫の話になりました。割とどうでもいい(意味のない)秘密主義者なので、職業隠してることが多々あるのですが、美容院では素直に答えます。



 すると美容師のお姉ちゃん(23歳)が、


「うちの彼氏の犬、20歳まで生きたんですよexclamation×2


ですって。


「すごいexclamation20歳まで生きるワンちゃん中々いないよexclamation


と私。



 お姉ちゃんの話によると、その彼氏殿のワンちゃんは、具合悪くて病院に通っていたら、『安楽死か家に連れて帰るか』選択を迫られたそうです。彼氏殿は 3 時 間 悩んで悩んで悩んで・・・ワンちゃんを家に連れて帰ることに決め、その後、1週間生きて、そして亡くなったそうです。



 私は瞬時に、


「正解。それで良かったexclamation


と答えました。



 痛みに苦しんで死ぬよりは・・・と思って、そちらの先生はご提案されたのかと思います。でも20年生きてきて家族と一緒に過ごしてきた、いえ、年数なんて関係なく、家族と一緒に過ごしてきたワンちゃんだって、もっともっともっとできるだけ長く生きて、たとえ痛くても苦しくても、みんなの声を聞いて、みんなの手に触れて手で触れてもらって、みんなの姿を目に焼き付けて、生きたかったに決まってます。


 生きたい・・・と、いうのはちょっと語弊があるかもしれません。「生きたい」というよりは、「大好きな人たちと一緒にいたい」でしょうか。




 咄嗟にお姉ちゃんに「正解」と答えてしまいましたが、安楽死が間違いというわけでもありません。色んな事情・色んな想いがあるのは確かです。それが必要なこともあります。


 このお姉ちゃんとは初対面で、もちろんそのワンちゃんや彼氏殿のことなんて全くわかりませんし、病気もなんだったかわかりませんし、世間話の流れで今回のような話題になっただけです。



 でもちょっとした会話の中で知った「20歳で亡くなったワンちゃん」。愛する人のいる、愛してくれる人のいる家で、最期を迎えられて、きっと幸せだったでしょう。犬の種類も大きさも何もわかりませんが、薄ぼんやりと、天寿を全うしたワンちゃんの姿が頭を過ぎりました。


 犬を家族にするということ、猫を家族にするということ、動物を家族にするということ、軽く考えてる人も多いですが、今回の話に出てきた彼氏殿のように何年何十年も責任を持てる方のみexclamationで、お願いします。





ボク、ハッチ




 ね、ハッチ。



 愛する人&愛してくれる人とずっと一緒にいたいだけなんだよね。




私とハッチ


私とハッチ




 私のことだけど黒ハート





 ハッチはご存知のとおり、一度人間達に裏切られてます。でもその人間達のことを忘れていません。


 私は、その記憶を塗り替えるかのように朝も昼も夜も、ベタベタ一緒に過ごすようにしています。(昼休みのハッチの定位置はソファーに寝転んだ私のお腹の上)



 最後までお読みくださりありがとうございます。応援クリックお願い致しまするんるん
日記@BlogRankingかわいい人気blogランキング



【動物病院居候犬ハッチの日々】もよろしくね。(by ハッチ)
posted by Lucita at 00:36| 埼玉 ☔| Comment(8) | TrackBack(0) | 職場の居候 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする



広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。