2011年01月31日

2011年になりました

 2011年最初の記事になりました。1月の末日です(爆)










 もう新年のご挨拶をするにはあまりにも遅すぎる今日この頃ですが、今年もよろしくお願いいたします。







 えーっと、今年最初の記事なのに、記事にしよう〜と書いたメモを病院に置いてきてしまいました。



 

 ですので今考えた記事を。






 色んな持病を抱えてて、もういつお迎えがきてもおかしくない状態のコ・・・動物病院ですので、当然何匹か通ってます。


「この夏越せたらいいね。」


とか、


「お正月一緒に迎えられたらいいね。」


とか、そんなに目くじら立てて意識しているわけではありませんが、何かの行事を目標に院長が飼い主さんに言うときがあります。私の場合ですと、


「もうすぐ誕生日だね。」


が、多いかな。





 先週、尿石症+心臓病+気管虚脱の持病があったヨークシャーテリアの男の子が亡くなりました。


 そのコは去年の秋頃から具合がかなり悪くなり、年末あたりから飼い主さんが毛布にくるんで毎日のように通ってました。咳が止まらなく、注射と薬で頑張ってました。年末年始はうちの動物病院は休みでしたが、こうした継続診療のコたちのために午前中は診察してたので、本当に、飼い主さんは毎日通ってました。



 もう、駐車場に自転車が止まった時点で、そのコの咳が聞こえるので、カルテがぱっと出て、注射がさっと終わって、お会計がぱっと終わって、飼い主さん(私は「テリーくんのお母さん」と呼んでました。)とちょこっと世間話をして・・・が、ここ最近の毎日の日課でした。お母さんはそのコが夜中に咳をして苦しくないように・・・と病院が終わる間際にいらしてました。



 

 私の休み明けの木曜日、出勤したとき、


「昨日テリーくん亡くなったって。」


と知らされました。そして、土曜日にお母さんがご挨拶にいらっしゃいました。







 本当にびっくりするくらい静かに逝っちゃったんです。私がね、買い物から帰ってきたら、とことこ歩いてひょこっとドアの影からいつものように顔をのぞかせててね、「テリーくん、ただいま。今ごはんの準備するからね。」なんて頭なでてね、ちょっと離れたんです。でも、あれ?咳が聞こえない・・?と思って、テリーのところ行ったらね、すーっと眠るように亡くなってたんです。




 院長が言いました。






 テリーくんは最後にお母さんに「おかえり」って挨拶したかったんだね。


 





 そうです、テリーくんはお母さんのこと待ってたんだと思います。


「おかえり。」


と挨拶して、きっと



「お母さんありがとう。」



と、雨の日も風の日も毎日通った、お母さんさんに言いたかったのだと思います。




 もう、その話をお母さんから聞いたとき目から雫が垂れてしまいました。そして今、このブログを書きながら大泣き。






 別れはいつだって悲しいものです。離れている場所にいるときでも、永遠の別れになることも多々あります。でもお正月も越せるかわからなかったテリーくん、小さな体で病気と闘った彼と、そのコのために尽くした飼い主さんに優しい風が届いたのだと思いました。





 もうね!自分の子供より、孫より、いちっばん可愛かったのに。ショックだけど、なんだかすっきりしてます。最後まで頑張って良かったです。





 
 そう仰るお母さんの顔は、本当に清々しかったです。本当にお疲れ様でした。






 最後までお読みくださりありがとうございます。下の2つのボタンは一応「応援ボタン」になりますので、お時間があれば押してみてくださいわーい(嬉しい顔)
 
日記@BlogRankingかわいい人気blogランキング





【動物病院居候犬ハッチの日々】もよろしくね。(by ハッチ)
 
posted by Lucita at 22:06| 埼玉 ☁| Comment(8) | TrackBack(0) | ある愛の詩(うた) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする