2010年05月23日

交通事故〜外は危険がいっぱい

 ここ最近、交通事故で運ばれてくるコが続いてます。1匹はネコちゃん。おそらく、ノラちゃん。元々うちの動物病院にネコちゃん3匹連れてきてた方が、車に轢かれた(であろう)ネコちゃんを保護して連れてきたのです。


 頭血まみれ、鼻血、眼球の揺れ、手足ぐったりの状態で。


 人間は右からも左からも車が来ることは、小さい頃から当然わかってますが、ネコちゃんは道路渡るとき、何度も左右確認なんてしませんからねダッシュ(走り出すさま)

 それに、道路を渡るタイミングを見計らってるときに、近くに人間が通ろうものなら、ぱっと飛び出したりもするでしょうし・・・。外は危険がいっぱいです。



 このコを拾った飼い主さんは、


「はぁ〜〜〜〜〜ダッシュ(走り出すさま)・・・お金掛かりますよね〜ふらふら。でも放っておけなかったし、がんばって働かないとexclamation


と、仰ってました。



 入院中、人に全く慣れていない様子のネコちゃんで「シャーむかっ(怒り)」とか「フーむかっ(怒り)」とか言ってました。明らかに100%ノラちゃんです。

 自力で立ってごはんを食べたり、水を飲んだりはできませんでしたが、流動食のような缶詰のごはんを口に入れると食べるので、新飼い主さんに迎えにきていただくことになりました。


 診察室へ連れて行き、飼い主さんが持ってきたキャリーバッグに入れようとしたら、いきなり逃走しようとして驚きました。レントゲン上、骨に異常がないにもかかわらず、手足がうまく動かず、ほとんど寝たきり状態だったのに、

『この俊敏な動きは何だexclamation&question

と・・・。


 診察室のドアは閉め切っていたのですぐにつかまえられましたが、それを見た飼い主さんが、

「きゃーexclamation怖いあせあせ(飛び散る汗)

と言い出しましたわーい(嬉しい顔)たらーっ(汗)。流石、ノラちゃん。

「頑張ってお世話してあげてください。」

と、退院となりました。





 もう1匹はワンちゃん。シーズーとパピヨンのミックスの小型犬。受傷2日後にもうひとつの病院から転院してきました。


 腰の上をゆっくり車のタイヤが踏んで行ったそうです。何故こんなことが起こったかというと、飼い主さんがリード(=紐)をつけないで散歩させていたから。


 そして何故ゆっくりだったかというと、


「あーーーー〜〜〜がく〜(落胆した顔)exclamation×2


と飼い主さんが慌てて車の運転手を止めようとしたから。拷問か?(←思わず裏で出てしまった言葉)



 もうねexclamationびっくりですよexclamation×2腰にくっきりとタイヤの跡がついているのです。タイヤの汚れの跡ではなく、そのタイヤの柄そのものの柄状に内出血してるのです。

 外傷は右後肢裂傷(ぱっくり)で、レントゲン撮影の結果、骨盤骨折と左後肢の骨折。


 ちょっと触れただけで、


「キャイーーーーンむかっ(怒り)


と鳴いて噛もうとしました。(あらら、痛いのね〜と思ってましたが、後から普通に噛み付き犬と判明。)



 でも見てて本当に痛々しかったです。手術前の毛刈りのときなんて、トリマーさんが、


「ぎゃがく〜(落胆した顔)exclamation足の向きがexclamation×2


と叫ぶくらい『くにゃん』と本来曲がらないところが曲がってるし。





 待合室でもたまにリード(紐)なしで歩かせる飼い主さんがいらっしゃるのですが、絶対ダメです。自分の家のコがいくらいいこでも、他に入ってきたコがいいことは限らないのですから。


 ほとんど優しいAHTさんですが、稀に怖いAHTさんに変身しますよ。


「リード短くちっ(怒った顔)exclamationなかったら抱っこしててくださいexclamation



 でも本音は、傘立てや本棚やソファーの足や玄関マットにおしっこされるから〜というのもありますがたらーっ(汗)(笑)




 そんなわけで(?)、後者のわんちゃんは結構な大手術となるわけで、当然時間が掛かるのが先生たちはわかってました。私は検査に立ち会ってなかったのでそこまで大手術になるとは思ってませんでした。


 昼休みに入った早々、院長が、

「すぐ手術やるよ。」

と言うのでいつものように準備しました。そして症状を知り、始まってから、

『この手術長いんじゃ・・・?』

と気付き、腹時計がやたらうるさいAHTさん(私)、


「院長exclamation今日の手術って大手術ですよね?時間掛かりますよね?じゃあ、みんな食事してから手術すれば良かったんじゃないですかexclamation&question


と言ったら、院長、


「僕はお腹空かないから大丈夫手(グー)


そこですかさずM先生、


「院長さっき、早弁してましたからね(ぼそ)」





「な・ん・で・すっ・ってーexclamation&question(←最近の口癖)


 ずるいちっ(怒った顔)exclamation×2


(↑院長にずるい言うAHT。食べ物の恨みは怖いの巻)









・・・と、ここまで書いて実は2週間ほど放置してました、この記事。大手術となったこのわんちゃんですが、手術はもちろん終わって、実は抜糸まで終わりました。

 術後も危ないだろう、と思ってましたが、奇跡的に生きてます。生きてて本当に良かったです。

 轢かれた位置があと数cmズレていたら、このコはもうこの世にいなかったでしょうから。





 うちの動物病院に来てるコで二十歳過ぎてるのに現役で外に出て行く猫ちゃんがいます。

 怪我などで来る度、

「視力も低下してるだろうし、瞬発力も衰えてるだろうから、もう外には出さないで〜exclamation

と言ってはいるのですが、飼い主さんは、

「できないんですよね〜。」

と、言って苦笑いします。

 (化け猫の域に達しているため?)いつの間にか外に出てしまうとのこと。くれぐれも車と戦ったりしないようにしてもらいたいです。



20100501162101-1.jpg
私と会う前の話
交通事故に遭ったことのある居候スズ
(詳しくはスズでブログ内検索してね猫



 長くなりましたが、最後までお読みくださりありがとうございます。応援ボタンのクリックもお願いいたしまするんるん

日記@BlogRankingかわいい人気blogランキング



【動物病院居候犬ハッチの日々】もよろしくね。(by ハッチ)
posted by Lucita at 21:55| 埼玉 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | 手術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月16日

大人です

 私のことでなく。




 いえ、私ももちろん20歳過ぎてますから大人ですが。今25歳で明日25歳になるしねexclamation×2


 院長以外誰も祝ってくれないのでみなさん祝ってください(笑)。プレゼントは366日受付中ですプレゼント




 さて、「大人です」は誰のことかというと、↓このコたち。






 

シェルティーたち




 左のコは体重3kg台で右のコは体重16kg台(あれ?18だったかな?)のシェルティーです。2匹とも大人なんですよ。右のコはまぁ、わかるとして左のコは小ぶりですよね。でも痩せすぎてるわけではなく骨格に合った体型です。


 トレーナーさんが連れて来たコたちで、「ツーショットで写メして送ってexclamation」とお願いしたのです(笑)。かわいいハートたち(複数ハート)




 【動物病院居候犬ハッチの日々】でお世話になってるアメーバブログでは「ペタ足」という足跡機能があります。

 そのペタを辿って他のわんちゃんねこちゃんブログを見て涎垂らしたり、このブログでリンク貼ってるお友達のブログ見て涎垂らしたりしてるわけですが、みなさん本当に写真お上手ですよね〜。そして高画質ですよね〜。


 高画質過ぎて、私の自宅PCでは重すぎて画像が開かなかったりもするのですが・・・たらーっ(汗)(ぇ)


 みなさんのブログを見ていると写真をもっとたくさん載せたいな〜と思ったりもするわけです。一瞬。


 そのほうが目立つかな〜と思ったりもするわけです。一瞬。



 写真加工時にはもう面倒になってるのですがふらふら(←おい)








 そんなこんなで帰り道に見かけたにゃんこをアップしてみました。



ごろごろごろごろ




 私もこの中に混ぜてほしいと思いつつ、



「車に轢かれないようにねexclamation


と注意して帰りました(笑)。




応援ボタンのクリックお願い致しまするんるん
日記@BlogRankingかわいい人気blogランキング





【動物病院居候犬ハッチの日々】もよろしくね。(by ハッチ)



Lucitaアクセサリー販売の告知
posted by Lucita at 20:56| 埼玉 ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月10日

鳴かぬなら鳴かせてみせよう根性で

 金曜日。


『今日は手術ないぞ♪』


と喜んでいたのもつかの間、もうひとつの病院の新AHTのコから電話電話が来ました。



「(向こう・・・つまりそのコが働いてるもうひとつの病院のこと)院長から、今日開けるって言われたんですけどどうすれば?」


ということでした。



「???え?なに?開ける??」



 最初、ちんぷんかんぷんの私、よく話を聞いたら、そのコの家のわんこの出産予定日が過ぎてるとのこと。なので、今日帝王切開の手術をするよう言われたので、どうすればいいのでしょう?・・・ということでした。



 あ、そういえばちょっと前にGW中に生まれるかも〜みたいなことを話してたような?




 基本的に帝王切開はうちの病院のほうの院長担当です。知る人ぞ知る(詳しくはどこか読み返してください)、人手のない金曜日、



私、


「インチョーexclamation向こうの病院に昼休み行ってくださいグッド(上向き矢印)(おい)



院長、


「イヤだよ。何で僕が。こっちで手術やればいいじゃん。」




「えー私の貴重な昼休みなくなるしexclamation片すの私しかいないしexclamation(←心の声なのに声に出てる)




 あ〜でも手伝ってもらえばいいか〜と(諦めて)、


「じゃあ、昼過ぎにこっちに連れてきて。」


と電話が終わりました。









・・・と、その直後に、今日休みのM先生登場。




「あれexclamation×2


M先生「僕・・・病院行くんで・・・」



「いやーいいところにきたねexclamation帝王切開があるよ手(チョキ)(←きーてない)




M先生「びょうい・・・わかりましたたらーっ(汗)




よし手(グー)



「ぁあ?病院行くの?オペ昼過ぎからだからいってらっしゃい。そして戻ってらっしゃい。」





 そんなこんなでお昼休みに帝王切開。新AHTのコは何度か手術は見てても、帝王切開を見るのは初めて。それも自分の家のコなのですごく緊張してました。




「大丈夫exclamationなんとかなるからexclamation×2




 お腹には3匹いるとのこと。女の子1、男の子2で生まれました。







 子宮から取り出した赤ちゃんをキャッチしてはすぐ鳴かせ、キャッチしてはすぐ鳴かせ、2匹目まではスムーズにいき、


「タオルでよく拭いてexclamation×2


と新AHTのコに手渡したのですが、やや大きく育ち過ぎた女の子が中々呼吸しませんでした。








『鳴かぬなら鳴かせてみせよう根性で。』






「ほらほら、早く鳴きなさい〜他の2匹は鳴いたよ〜。あとはアンタだけよ〜。ほら、寝てる場合じゃないよ〜。(エンドレス)」


 素手で温めながら、タオルで拭きながら、呪文のように言霊を紡ぎました。(なんかね、言葉に出すと実現する率がうーんと上がる気がするんですよね。)



 他の2匹の数倍時間が掛かりましたが、丁寧に激しく振り回して最後の1匹も無事呼吸するようになりました黒ハート









犬の赤ちゃん
生まれたての赤ちゃん
(シルバーのトイプードル)




 ちょっとSが入ったAHTさん(=私だけど何か?)、


「アンタexclamation私に感謝しなさいよ。私がいなかったら死んでたかもよ?」


と、まだ耳の聞こえていない赤ちゃんに何とも恩着せがましいことを言う(笑)。



 まぁ、呼吸したからこそ言えることですが、結構冷や汗かきました。よかったよかったるんるん



犬の赤ちゃん
黒くて分かりにくいですが3匹います。



 ブログのアドレス教えてないのに、「ブログに載せるかも。」と後輩に断って、写真をアップしましたわーい(嬉しい顔)。応援クリックお願い致しまするんるん
日記@BlogRankingかわいい人気blogランキング



posted by Lucita at 00:08| 埼玉 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 手術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月03日

ネコの馬鹿力

 ネコちゃんの腕の力、なめたらいかんぜよ手(グー)



(上のセリフってどこかで使われてる気が。。。古い感じがするのは気のせい気のせい。)


 
 『火事場の馬鹿力』という言葉がぴったりくる話を2つほど。。。ここは火事場ではなく、動物病院ですけどわーい(嬉しい顔)たらーっ(汗)






 ある飼い主Uさんが、近所のノラネコちゃんがケンカで怪我をしたということで、キャリーバッグにネコちゃんを入れて連れてきたそうです。その日は私のお休みの日で、次の日に知ったのですが、





こんなキャリーバッグに入れてきたとのこと。



 すごくステキなバッグです。すごくステキなのですが、それをなんと、飼い主Uさんは 縦に 自転車のカゴに入れてたそうです。


 ファスナー部分が開いてたのか緩んでいたのか、カラー(=ネッカー)付けたまま飛び出して行ってしまい、その日は見つけられなかったとのこと。次の日にトリマーさんが近所を見回ると、貸し倉庫の物陰に隠れてました。


 すぐ飼い主さんを電話でお呼びして、何度目かの挑戦の後に捕獲できたのですが、ノラネコちゃんにしても家ネコちゃんにしてもキャリーバッグに入れるその前に、 大きな洗濯ネットに入れる のをお勧めします。



 詳しくは↓↓の過去の記事をご覧ください。


外ネコちゃん、要注意!


動物病院へ行く時(猫編)





 先月の話になってしまいましたが、いつもごはんを食べにくるネコが捕まったので、去勢手術と怪我の手術をしてほしいと飼い主さんがあるにゃんこを連れてきました。



20100417202827.jpg




 ネコちゃんは、こんな↑フタのキャリーバッグ(キャリーケース)に入ってきました。




診察室でのことです。





はぁグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)手(グー)












フタ.JPG
(Lucitaイメージ画)




と掛け声はなかったと思いますが、フタをぶち破ってネコちゃんが飛び出したそうです。





その残骸。




20100417202851.jpg





 やはり、洗濯ネットを活用してほしいと思いましたわーい(嬉しい顔)たらーっ(汗)



 最後までお読みくださりありがとうございます。元々少し、フタにヒビが入ってたらしいのですが、大事にならなくて良かったですあせあせ(飛び散る汗)。応援ボタンもぼちぼちっとお願いいたしまするんるん
日記@BlogRankingかわいい人気blogランキング





【動物病院居候犬ハッチの日々】もよろしくね。(by ハッチ)
posted by Lucita at 22:20| 埼玉 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | ちょっとビックリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする