2008年10月29日

子猫・子犬の爪切りについて

 友達が子猫を飼い始めました。メールでの質問で、

「爪切りを買ってきました。子猫の爪を切っても大丈夫なんでしょうか?それとも病院に連れて行った方がいいんでしょうか?」

という内容でした。


 私の回答はこうです。

「私の考えとしては小さいうちから爪切りは慣らしておいた方がいいと思います。 そうすれば大人になったときに爪切りを嫌がりません。」


 典型的な例はうちの居候exclamation

 小さいうちからトリマーさんに抱っこされて爪を切られていたスズは、全く嫌がらず、ゴロゴロ言いながら大人しく爪を切らせます。

 逆に、大人になってからうちの病院に来たオレンジは、まず抱っこすらさせてくれません。以前、試しに切ってみようと、爪切りを握って、オレンジの前脚を握ったら、

「ぎゃーーーむかっ(怒り)むかっ(怒り)むかっ(怒り)

と言って怒られましたふらふら。大変危険でした・・・。



 
 ただ、子猫はやたらじっとしていないし、小さいし、くねくねしてるし・・・で、いざ爪を切ろうとしても中々切れませんよね。しかも押さえつけると嫌がるコがほとんどです。


 さて、ここからが子猫・子犬の爪切りのコツです。最初から全ての爪を切ろうと思わないでください。段階を踏んで行きましょう。

 まずは手を持つところから慣らして行きます。次に1本の爪だけ切ったり、1本目の足の爪だけ切ったり・・・と 徐々に慣れさせて行くのがいいと思います。


 その時、注意して頂きたいのは、1本の爪に集中しすぎて他の指の肉球切ったりしないよう気を付けてくださいねexclamation×2子猫・子犬の爪はとりあえず、先っちょだけ切っておけばいいんですよひらめき

 また、どうしても自信がないときは無理せず、動物病院へ連れて来て(行って)ください。うちの病院でしたら、私かトリマーさんが、(多分)やさーしく切ります揺れるハート(笑)


 参考までに、犬・猫用爪切りがどんなものか載せておきます。





 ちなみに、前回の記事の子猫も私がパチパチ切ってました。爪が伸びすぎて折れたら大変ですからねダッシュ(走り出すさま)


 明日は手術が3つです。ファイト、手(グー)(←先生ではなく)

 応援ボタンもボチボチっとお願い致しまするんるん
日記@BlogRankingかわいい人気blogランキング
posted by Lucita at 23:35| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 病気の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月24日

命を捨ててはいけません(後編)

(前回の続き)




ここどこ?


 それから、共同生活のスタートです。オレンジと違ってネコパンチ・・・絶対爪を出さないexclamation×2小さなお菓子の空き箱に猫用トイレ砂を入れてあげると、トイレはそこでしかしないexclamation×2オレンジと違って常にゴロゴロ言ってるexclamation×2

 まぁ、とにかくおりこうさんで、子猫用のフードをモリモリ食べ、体内寄生虫を全て落とし、どこに出しても恥ずかしくないコに育ちました。(違)


 ただ、今回は「里親募集中」の張り紙はせず、食べ友達(?)の訓練士さんともうひとつの病院だけに「子猫保護中」と伝えてありました。それから3週間という時が過ぎた頃、もうひとつの病院の先生から電話電話ダッシュ(走り出すさま)




クンクン



「コネコ2匹欲しいって人がいるんだけどexclamation



 おっとーexclamation&question

「2匹はいませんが、この前言ってた 超 お り こ う な ネコならいますよぴかぴか(新しい)


クンクン

トコトコトコ




 数分後、また電話電話が鳴りました。


「そのコ、ちょうだい。」



 はい、行き先決定exclamation×2とても喜ばしいことですが、ちょっと寂しい気もしますよね。実は名前も考えたりしていたのですが(・・・というか、たまに呼んでた)、別れの時が近づいて参りました。


 私やトリマーさんは嬉しさと寂しさが半々くらいでしたが、うちの病院内で一番ダメージを受けていた人がひとり・・・・・



「はぁ〜〜〜〜〜(溜息)」


若い先生です。表にはあまり出ていなかったのですが、実はとても気に入っていたようで、何度も溜息をついては、もうひとつの病院スタッフのお迎えが来る、最後の最後まで一緒に遊んでいました。



 その落ち込みっぷりを向こうの先生に伝えると、「ネコが欲しい」と仰っていたのは、もうひとつの病院に通ってらした方で、少し前にネコちゃんを亡くされたそうです。

「とてもいい飼い主さんだからね。○○先生に大丈夫だって伝えてねexclamation&questionなんだったら、■■ちゃん(若い先生の下の名前)ってつけてもらおうかわーい(嬉しい顔)??」


とのことでした。


とんでみる?

ぴた

クンクン





 後日談。そのコを手渡すときに、うちの病院にあった猫用トイレ砂を向こうの先生から「頂戴」と言われたので一袋渡すと、

「全て、準備万端ですexclamation砂もありますexclamation×2

とその飼い主さんは受け取らなかったそうです。


 また、名前も決まって(もちろん■■ちゃんではない)、1回目のワクチンを打ちに来院され、

「いい猫に巡り会わせてくれてありがとう。」


と、大変気に入ってくださったとのことでした。

 うちの病院から新しい飼い主さんのお家に行ったときは体重が900gでした。もう約3ヶ月前の話で、今はもっともっと大きくなっているのでしょうねわーい(嬉しい顔)ハートたち(複数ハート)




シュタ=33

 

 このコの新しい里親さんが、このコにとって愛すべき新しい親代わりになってくれると思います。大人になってから捨てられたオレンジやハッチと違って、心の傷はないでしょう・・・。


 私は、うちの居候たちを愛し、愛されている自信があります。それでもハッチは前の飼い主(←呪)のことを覚えているのです。散歩の途中で、小さいお子さん連れの、自転車に乗ったお母さんを見かけると立ち上がってそっちに急に行こうとすることがあります。私はその姿を見ると、今でも泣いてしまいますもうやだ〜(悲しい顔)





 3週間という短い間でしたが、うちの病院にいた子猫の話でした。やたら写真があるのは、

「そろそろ張り紙でも作ろうかしら?」

と思っていたからなのですが、中々顔が撮れなくて、枚数だけが多くなってしまったのですあせあせ(飛び散る汗)(笑)しかも薄っすらと、亡霊のような私の影がモバQ



 前編後編と長くなってしまいましたが、最後までお読みくださりありがとうございます揺れるハート。このネコちゃんの幸せを願って、下の応援ボタンをボチボチっとお願い致しまするんるん
日記@BlogRankingかわいい人気blogランキング
posted by Lucita at 23:30| 埼玉 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | ある愛の詩(うた) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月17日

命を捨ててはいけません(前編)

ゴロゴロ

ゴロゴロ



 このネコちゃん、7月1日から丁度3週間、うちの病院に居候していたコです。




 夏・・・なんだか捨て猫が流行っていました。ひどいです。このコを保護する数日前の雨の日、お隣の方(ヨークシャーテリアを飼ってる揺れるハート)がいらっしゃいました。


「病院の裏のダンボールの中から声がする・・・exclamation×2


何とexclamation&question若い先生が慌てて見に行くと、ガムテープでぐるぐる巻きにされ、びしょ濡れになったダンボールを抱えてきました。



・・・ゴソゴソ・・・・ゴソゴソ・・・




 明らかに何かいます。動いてます。奥の部屋でダンボールをそーっと開けるとexclamation&question


 子猫4匹捨てられていましたもうやだ〜(悲しい顔)。そのコたちはすぐ引き取り手が見つかりましたが、そんなことは極まれです。こういうのはタイミングがあって、良くないと中々里親になってくださる方は見つかりませんし、飼ってくださる方だって、ひとつの命を預かるわけですから、生半可な覚悟・決断ではないはずです。


 「命を捨てる人」・・・私がこの世で赦せない人種むかっ(怒り)呪われてしまえむかっ(怒り)ちっ(怒った顔)むかっ(怒り)むかっ(怒り)パンチむかっ(怒り)むかっ(怒り)






ゴロゴロ



 さてさて、この写真のコ・・・多分捨て猫です。何故「多分」なのか?


 初めてこのコを目撃した時、体重数百g(すみません、正確には覚えていないのですが確か700gくらいだったと思います)ととても小さな体でしたが、病院の裏庭のウッドデッキの上で寝泊りしていたのです。


 気が付いた一日目の夜は、

『近所で誰か飼っているのかも?』

と様子を見ていました。


 次の日、昼間はいなくなっていました。そして帰ろうとしたその夜、ウッドデッキの上にあるベンチの下で丸まっていました。

『あらららら?』



 更に次の日の午後の診察が始まる前、やたら外が騒がしいと思ったら、近所の男の子たち5人(くらい)が、

「かわいい〜exclamation×2

と言いながら、木の枝や草を振り回して、このコとうちの病院の駐車場で遊んでいたのですよね。

『あれ?やっぱり近所の家のネコちゃんだった…?』



 その3日目の午後の診察時間直前、私は受付にいました。そして私は見たのです。


 



 
トコトコトコトコトコトコトコトコ・・・・・




若い先生が外から帰ってくるのに、ドアを開け・・・と同時にゴロゴロ言いながら病院の中に入ってくるネコを・・・・・exclamation×2exclamation×2ダッシュ(走り出すさま)ダッシュ(走り出すさま)ダッシュ(走り出すさま)


 まるで小さな子供が、

「ただいまーわーい(嬉しい顔)手(パー)

とでも言っているかのように病院の中へ。



ゴロゴロ

ゴロゴロ




 また外に出すわけにも行かないので、そのまま保護することになりました。これだけ人慣れしているので多分、どこかで飼われていたのだと思います。人を全く怖がらない上、外にいたのにノミがちょっとしかついていなかったのですから…。


(次回に続く)




 長くなった上、写真が多いので一端CM入ります手(チョキ)・・・って冗談ですが、続きが気になった方は下の応援ボタンをボチボチっとお願い致しまするんるん
日記@BlogRankingかわいい人気blogランキング
posted by Lucita at 22:35| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ある愛の詩(うた) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月11日

話題に出てても忘れることってあるでしょ?

 ネコちゃんを多頭飼いしてるあるお家の飼い主のお姉さんは恐らく、私と同じ年齢です。ここのお家の方で、よくお会いするのはこのお姉さんとお母さんだけです。



 そのお家の中の1匹で具合の悪いコをここ最近、毎日連れてきているのですが、3日前、お姉さんが、

「食欲が全くないんです。」

と仰ってました。体重も日に日に減って行くので、

「好きなものをあげていい」

と言ってあったのですが、その好きなものも何も食べないというのです。

 私は、

『このままじゃ、まずいな…がく〜(落胆した顔)

と思って強制的にも与えることのできる、処方食の缶詰を出してきて、先生と相談し、一缶買って帰ってもらいました。


「好きなものも食べないんじゃ、この缶も食べないかもしれないんですけど、もしかしたら食べてくれるかもしれませんし・・・。コレ、お湯に溶いてもあげられますから・・・。」




 2日前、お母さんが来院しました。私が、

「グーちゃん食べましたexclamation&question

と、尋ねると、

「はい、食べましたわーい(嬉しい顔)

笑顔で答えてくださいました。良かった〜るんるん

「昨日、お姉さんがグーちゃん全く食べなくなったって仰ってたので良かったです〜揺れるハート





 昨日、お姉さんが来院しました。私が、

「昨日お母さんに伺ったんですけど、グーちゃんあの缶食べてくれたようですね。良かったです。」

と言うと、お姉さん、


「はい〜だからお母さんに買ってくるよう頼んだのに・・・」


って、お母さんexclamation&question私と会話した時に思い出して〜〜exclamation×2exclamation×2



 体重が減る一方だったグーちゃん、今日来院時に体重測定すると、2.2kgから2.3kgになってました手(グー)。よしよしパンチ


 実は、このようなことはたまにあります。待合室で、

「あ、そうだひらめき、帰りにごはん買って帰ろうねーわーい(嬉しい顔)

という会話が聞こえたにも関わらず、お会計のとき何も言われなかったり・・・。まぁ、わかっていればこちらからお聞きしますけどね(笑)。



 最後までお読みくださりありがとうございますハートたち(複数ハート)。犬猫好きな多くの方に読んでいただきたいため、応援ボタンをボチっとお願い致しまするんるん
日記@BlogRankingかわいい人気blogランキング
posted by Lucita at 23:44| 埼玉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ちょっとビックリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月05日

LOVE×2です

 みなさんはお昼寝なさいますか?私は夜更かし癖があるので、お昼休みは、ハッチとよく休憩室のソファーでお昼寝しています。

 手術があったり、他の仕事があったりすると無理なのですがたらーっ(汗)(今日は、点滴の機械に何度も何度も警報で呼ばれたので結局眠れなかった・・・もうやだ〜(悲しい顔)

 ハッチは私がソファーでごろんと横になると、





e4.JPG


↑このイラストのように、上に飛び乗ってきます。(画像の大きくなってしまいましたがこのままで手(グー)笑・・・でか)しつけの本などで「一緒に寝てはいけない」と書かれているものもあるかもしれませんが、私達のLOVE×2行動なのでお気になさらず揺れるハート




 えexclamation&questionイラストが汚いですってexclamation&questionこれでどう???




e3.JPG



・・・変わらず爆弾(爆)



 いやー、実は私のブログ、文字が多いので見づらいかなーと思いまして、頑張って(?)イラスト描いてみました。むしろ載せない方がいいレベルのイラストですアートあはは。

 自分が寝ている姿は撮影できませんし、他の誰かが部屋にいても、ハッチが起きて吠えてしまうのでイメージをお伝えしてみました。



・・・と、ここまでネタを考えて、イラストよりも私達のLOVE×2感が伝わりそうな写真が撮れたので載せておきます。

nat 244-2.JPG
(クリックで拡大)



nat 246-2.JPG
(クリックで拡大)




・・・私がどこかに隠れてますダッシュ(走り出すさま)ダッシュ(走り出すさま)(笑)






 このように休憩室ではハッチと一緒に過ごすことが多いのですが、先日の話です。

 私がハッチのおしりをくしゃくしゃ〜と撫でると、彼がダッシュでドアの方へ走っては私のそばへ戻り、また私がハッチの頭をくしゃくしゃ〜と撫でると、彼がドアの方へ走っては私のそばへ戻り・・・と繰り返して遊んでいました。

 そうしたらですね〜・・・床に座り込んでいた私の膝に向かって、ハッチが突然おしっこをしました。


「えーーーーがく〜(落胆した顔)exclamation&question


 その現場をトリマーさんも見てて、

「あんなにLOVE×2なのに、ハッチ何してるのexclamation&question


 元々、ソワソワしていて、多分限界まで我慢していたと思うのですが、何故私の足に・・・・・ふらふら






 電柱と間違ったのかexclamation&question



 最後までお読みくださりありがとうございます。応援クリックの方もポチポチっとお願い致しまするんるん
日記@BlogRankingかわいい人気blogランキング
posted by Lucita at 23:58| 埼玉 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 職場の居候 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする