2016年11月28日

柴犬の赤ちゃん

生後1ヶ月の柴犬の赤ちゃんです。(ツイッターアップ時11/4の時点)

CwY58RJVIAAmhey.jpg
(クリックで画像大きくなります)


茶色軍団(でも2匹)。


CwY5-bGUsAAQW-V.jpg
(クリックで画像大きくなります)


CwY54PVVQAAhhJu.jpg
(クリックで画像大きくなります)


赤ちゃんなのにもう「う〜」とか言ってます



ケルベロスの赤ちゃん。

CwY9HWQUUAA5pqN.jpg
(クリックで画像大きくなります)


じゃなくて、柴犬の赤ちゃん。今度は黒軍団。


こっちの黒い柴犬の赤ちゃんたちは茶色のコたちよりも3日ほど誕生日がズレてて若いです。

CwY9EzwVQAAqUMP.jpg
(クリックで画像大きくなります)



CwY9InfVQAAISgs.jpg
(クリックで画像大きくなります)


柴犬は割りと我が強いコが多々いるので、どうかいいコに育ちますように


やんちゃにはなりそうな予感・・・(笑)




↓応援ボタンです↓

人気blogランキング



ツイッターあります
Lucita(リュシータ)・美月のツイッター
posted by Lucita at 23:02| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 診察室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月14日

今月2つ目の日記

私が勤め始めて数年後、若い男性が1匹のワンちゃんを連れてきました。その後、ワンちゃんは一気に3匹に増え、その少しあとにはご結婚されて奥さんも増え、更に数年後にはお子さん2人生まれ、大家族になりました。


私が勤め始めてちょっと経ってからの出来事なので、ワンちゃん3匹のうち2匹は2年前に他界し、お子さん2人は今小学生、最後の1匹のワンちゃんもかなり高齢でした。


その最後のコも先日亡くなりました。

ほとんど予防でしか来院されず、ずっと健康でしたが、急に下痢が止まらず、食欲がなくなり、検査すると腎不全でした。もっと詳しく検査をしたらもしかしたら他にも持病があったかもしれません。

数週間前に1週間ほど入院しましたが、意識が朦朧とした状態で、体の状態も好転せず、旦那さんと奥さんと話し合った結果、おうちに帰ることになりました。


そのあと、実はそのご家族は隣の隣の市内からほぼ毎日のように治療に通ってくれました。


お話を聞くと、ごはんはちょっとずつですが食べられ、たまに自分で歩いたりもするとのことでした。奥さんに「この検査結果で今動けてるのが奇跡に近い」というお話をしたらかなり驚いていました。


注射打ったり薬飲んだりしてましたが、きっと注射や薬よりもご家族みんなの愛情が一番の栄養になったのだと思います。



10月の終わりに、旦那さんが「お世話になりました」・・・とご挨拶にいらっしゃいました。すごくワンちゃんを可愛がっていたのを知ってましたし、ワンちゃんもとても性格のいいコだったので泣きそうな声で話してる旦那さんの声を聞いていたらこちらまで泣きそうになりました。


3匹今頃天国で一緒に駆け回ってるんでしょうね。



うちの動物病院も居候たくさんいたのに、今はとうとう誰もいなくなってしまいました。昼寝のときいつも誰かいたのに、今は誰もいなくて不意にすごく寂しくなったりします。



このご家族もきっとしばらくは寂しさとの戦いだと思います。でもいつか、ワンちゃんを家族に迎えたら・・・また会いにきてほしいです。



↓応援ボタンです↓

人気blogランキング



ツイッターあります
Lucita(リュシータ)・美月のツイッター
posted by Lucita at 22:42| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする